English
R-Net
調色配合データお問い合わせシステム
技術文書閲覧サービス
建物塗り替え情報コーナー

工業用塗料

主要製品 工業用塗料


低温エミーラック (2000番級)

低温型アミノアルキド樹脂塗料

このページの印刷はこちらから psd

■特長

● 低温焼付が可能で、1000番級とほぼ同等の塗膜性能を発現します。

■用途

  • 鋼製家具(ロッカー・デスク・本棚・パーテーションなど)、電気機器(照明器具、ストーブなど)、配電盤、エレベーターなどの塗装

■塗膜性能(艶有り)

試験片作成条件/塗  料:050-2205ベース ホワイト及び淡彩色(膜厚:25〜35μm)
焼付条件:A.050-1205 140℃×20分(被塗物温度 熱風循環式乾燥炉)
     B.050-2205 90℃×25分(被塗物温度 熱風循環式乾燥炉)
     C.050-2205 110℃×15分(被塗物温度 熱風循環式乾燥炉)
素  材:リン酸亜鉛処理鋼板(0.8t×70×150mm)

試験項目 試験方法 標準性能
050-1205 050-2205
A B C
鉛筆硬度
鉛筆引っかき硬度(傷硬度)
F F H
耐屈曲性
マンドレル試験機
φ8mm φ6mm φ6mm
耐衝撃性
デュポン式 φ1/2“×500g
50cm 50cm 50cm
付着性
1mm碁盤目テープ法
100/100 100/100 100/100
耐カッピング性
カッピング試験機(エリクセン)破断距離
4.0mm 6.0mm 5.0mm
耐水性
水道水×72時間浸漬(40℃)
異常なし 異常なし 異常なし
耐アルカリ性
5%Na2CO3×96時間浸漬(40℃)
異常なし 異常なし 異常なし
耐酸性
5%H2SO4×24時間浸漬(20℃)
異常なし 異常なし 異常なし
耐塩水噴霧性
5%NaCl 35±1℃×72時間(テープ片側剥離幅)
1.5mm 2.5mm 2.5mm

※上記結果は弊社社内試験に基づく結果であり、保証値ではありません。

■塗膜性能(半艶)

試験片作成条件/塗  料:050-2205ベース 半艶ホワイト及び淡彩色 (膜厚:25〜35μm)
焼付条件:A.050-1205 140℃×20分(被塗物温度 熱風循環式乾燥炉)
     B.050-2205 90℃×25分(被塗物温度 熱風循環式乾燥炉)
     C.050-2205 110℃×15分(被塗物温度 熱風循環式乾燥炉)
素  材:リン酸亜鉛処理鋼板(0.8t×70×150mm)

試験項目 試験方法 標準性能
050-1205 050-2205
A B C
鉛筆硬度
鉛筆引っかき硬度(傷硬度)
H H 2H
耐屈曲性
マンドレル試験機
φ10mm φ8mm φ10mm以上
耐衝撃性
デュポン式 φ1/2“×500g
40cm 50cm 40cm
付着性
1mm碁盤目テープ法
100/100 100/100 100/100
耐カッピング性
カッピング試験機(エリクセン)破断距離
3.0mm 5.0mm 4.0mm
耐水性
水道水×72時間浸漬(40℃)
異常なし 異常なし 異常なし
耐アルカリ性
5%Na2CO3×96時間浸漬(40℃)
異常なし 異常なし 異常なし
耐酸性
5%H2SO4×24時間浸漬(20℃)
異常なし 異常なし 異常なし
耐塩水噴霧性
5%NaCl 35±1℃×72時間(テープ片側剥離幅)
1.5mm 1.5mm 1.5mm

※上記結果は弊社社内試験に基づく結果であり、保証値ではありません。

■適用素材と処理

素材

素材の処理
SPCC


SPCC
リン酸鉄処理
SPCC
リン酸亜鉛処理
ボンデ
鋼板

ステンレス
SUS304
ステンレス
SUS430
アルミニウム
A-1050
アルミニウム
A-5052
脱脂 ×
脱脂+下塗り

※○=塗装可能、△=条件により塗装可能、×=推奨しない

※付着性(JIS K 5600-5-6の方法による)にて判断しており、耐久性に関してはご確認の上ご使用ください。

■下塗り塗料の選定

  • 051ライン「ロックホールド ホワイト・グレー(N-7.5)・ブラック」
  • 050-2110 「低温エミーラック プライマーサーフェーサー ホワイト」

■希釈(標準仕様)

使用シンナー:012ライン「工業用シンナー」「静電用シンナー」各種

エアースプレー エアレススプレー 静電塗装
希釈割合
(重量比率)
塗料 100 100 100
シンナー 20〜25 15〜20 20〜30
希釈粘度 イワタカップ(20℃) 18〜25秒 25〜35秒 16〜25秒
吹付け距離(ガン距離) 20〜30cm 30〜50cm 25〜35cm
標準膜厚(μm) 25〜35

☆塗装機・仕上がり外観に応じて調整ください。

■焼付条件(被塗物温度)

※取扱いの注意:ご使用前には必ずラベル表記、安全データシート(SDS)をご参照ください。

※溶液型塗料の使用上の注意 psd