English
R-Net
調色配合データお問い合わせシステム
技術文書閲覧サービス
建物塗り替え情報コーナー

工業用塗料

主要製品 工業用塗料


タフロック ジンクリッチパウダー

エポキシ樹脂系ジンクリッチ粉体塗料

このページの印刷はこちらから psd

■特長

1.亜鉛メッキや無機ジンクリッチペイントと比較し遜色のない耐食性が得られます。
2.帯電方式を選ばず、「コロナ」「トリボ」のいずれの塗装方法でも使用可能です。

■用途

  • ガードレール、照明ポール、ネットフェンス、自動車部品、建材部品など
  • トンネル内及び塩害地域の配電盤、信号ボックス、空調機器及び、支柱など、屋外での高防食性能が求められる用途の下塗り

■塗膜性能

試験片作成条件/塗  料:049-0100 ジンクリッチパウダー(膜厚:60μm)
焼付条件:180℃×20分(被塗物温度 熱風循環式乾燥炉)
素  材:リン酸亜鉛処理鋼板(0.8t×70×150mm)

試験項目 試験方法 標準性能
鏡面光沢度
60度鏡面光沢度
10以下
鉛筆硬度
鉛筆引っかき硬度(傷硬度)
4H
耐衝撃性
デュポン式 φ1/2“×500g
50cm以上
耐カッピング性
カッピング試験機(エリクセン)破断距離
1.0mm
付着性
1mm碁盤目テープ法
100/100
耐アルカリ性
5%NaOH水溶液×240時間浸漬(20℃)
異常なし
耐湿熱性
50℃ 95%RH×1000時間
異常なし
耐塩水噴霧性
5%NaCl 35±1℃×1000時間(テープ片側剥離幅)
0mm

※上記結果は弊社社内試験に基づく結果であり、保証値ではありません。

■推奨塗装仕様 2コート2ベーク

1.1コート目(ジンクリッチパウダー)の焼付条件(被塗物温度)

※ジンクリッチパウダーは1.条件にて焼付け(焼きアマ条件)後、2コート目(上塗り)を塗装してください。

 高温での焼付けは、上塗り塗料との層間剥離の原因となります。


2.2コート目(上塗り)の焼付条件(被塗物温度)

※上塗り塗料は180℃×20分タイプの当社粉体塗料をご使用ください。


※取扱いの注意:ご使用前には必ずラベル表記、安全データシート(SDS)をご参照ください。

■タフロック ジンクリッチパウダーの防錆性能比較試験

●耐塩水噴霧試験(1000時間)
塗装系 無機ジンクリッチ仕様 ジンクリッチパウダー カチオン電着仕様
結果
鋼材種類 SS-400 SS-400 SPCC-D ダル鋼板
表面処理 スチールブラスト処理 スチールブラスト処理 スチールブラスト処理
プライマー 無機ジンクリッチペイント 049-0100
タフロック
ジンクリッチパウダー
カチオン電着塗料
中塗り 2液型ウレタンプライマー - -
上塗り 2液型アクリルウレタン樹脂塗料 ポリエステル系粉体塗料 ポリエステル系粉体塗料
※粉体塗料の使用上の注意 psd