English
R-Net
調色配合データお問い合わせシステム
技術文書閲覧サービス
建物塗り替え情報コーナー

車両用塗料

主要製品 車両用塗料


202-1900番級 ロック ミラクルプラサフHB(5:1型)

ミラクルプラサフHB 5:1
二液型アクリルウレタン樹脂下地塗料

ロック ミラクルプラサフHBは、厚膜(ハイビルド)に塗装可能な速乾タイプの2液性プラサフです。ロッククイックパテ等と組み合わせたHBシステムは、下地処理が2工程ですみ、省力化に役立ちます。

※カタログ画像はこちら psd

※ロックプラサフ HBCカラーはこちら psd

■特長

1.厚膜設計
スプレーパテとして軽量パテの素穴を埋めることができ、ポリパテ、ラッカーパテの補正を省略できます。
2.ワキが出にくい
プラサフ仕様では、ノンセッティングで強制乾燥を行ってもワキが出にくく、作業時間の短縮が図れます。
3.速乾性
研磨、上塗りまでの時間が短縮できます。
4.すぐれた研磨性
特に空研ぎ性にすぐれ、作業能率があがります。
5.HBアンダーカラーシステム対応
上塗り塗料の色に応じて選択、混合でき、アンダーカラーとして使用できますから、上塗りの塗装回数を減らせます。
6.美しい仕上がり
下層塗膜を侵しにくく、シール効果にすぐれています。またキメが細かく吸い込みも少なくなっています。

■種類

品番 202-1910 202-1940 202-1990
品名 ロック ミラクルプラサフHB(ホワイト) ロック ミラクルプラサフHB(グレー) ロック ミラクルプラサフHB(ブラック)
     
容量 4.5kg 4.5kg 4.5kg

※1.調色はミラクルプラサフHB同士を混合してください。(上塗り塗料の原色による調色はできません。)

※2.この他に202-2000番級HBプラサフF-U、202-6000番級ロック プラサフ クライマックスおよび202-7000番級カラーステージがあります。

※硬化剤 : 202-0110 プラサフマルチ硬化剤 0.9kg

■硬化剤の配合(重量比)

■使用方法

スプレーパテ仕様 プラサフ仕様
希釈割合*
 主剤+硬化剤
 (=100に対する重量比)
10%〜20% 10℃〜20℃ 20%〜30%
20%〜30% 30℃以上 30%〜40%
30℃以上の場合、通常より希釈を10%程度多くすることで作業性がよくなります。
※タッチアップで使用する際は、シンナーを更に20%〜50%追加してください。
可使時間 10℃
     20℃
     30℃
約1時間
約40分
約20分
約1.5時間
約1時間
約30分
塗装方法
●スプレーガン

●エアー(手元圧)

●塗り回数
●乾燥膜圧

φ1.4〜1.8mm
(φ1.5mm上カップガンが最適)
0.25〜0.35MPa
(2.5〜3.5kgf/cm2
2〜4
40〜50ミクロン/1コート

φ1.4〜1.8mm

0.25〜0.35MPa
(2.5〜3.5kgf/cm2
1〜3
30〜40ミクロン/1コート
乾燥時間
●20℃(研磨可能)
(上塗可能)
●強制乾燥
(乾燥膜厚120ミクロン)
2時間以上
4時間以上
予備乾燥40℃×10分を行い
強制乾燥60℃×20分以上
(乾燥膜厚80ミクロン)
1.5時間以上
3時間以上
強制乾燥60℃×20分以上

研磨
●水研ぎ

●空研ぎ
 

P400→P800ペーパー使用
(上塗が濃色系の場合はP800以上で仕上げる)
P320→P600ペーパー使用
(上塗が濃色系の場合はP600以上で仕上げる)

※希釈にはパナロック、ハイロック、ロックエース、エコマルチのそれぞれのシンナーを使用することができますが、溶解力の弱いパナロックシンナー、ハイロックシンナーがより効果的です。

※シンナーは塗装室温に応じて使い分けてください。温度によるシンナーの種類の選択は、それぞれ上塗り塗料の項をご参照ください。

  • プラスチックバンパー、スポイラーの場合
下地処理 PP素材の場合、必ず051-4F05 樹脂パーツエコプライマー クリヤーまたは051-4F21樹脂パーツエコプライマー ホワイトを塗装する。
配合比率(重量比)
シンナーは、主剤+硬化剤100部に対して30〜50%希釈してください。
乾燥時間 必ず強制乾燥60℃×40分以上を行う。